地域によって異なる新聞折込の特徴

春夏秋冬の四季があり更に季節ごとの伝統行事も多く存在する日本では、諸外国に比べて宣伝の方法にもノウハウがあります。

寒さや暑さだけでなく、その中間もあり梅雨や残暑と言った独特の情緒が企業の宣伝にも少なからず影響を及ぼしています。

Ameba Newsを手軽に利用してみませんか?

365日毎日発行される(休刊日を除く)媒体のニュース情報誌である「新聞」に入っている広告を新聞折込と呼び、リアルタイムに消費者に訴えかけられる広告手法として古くから活用されています。

新聞折込の面白い特徴として、南北に伸びる日本では、地域によって折込内容が異なる点です。



桜前線や紅葉情報と同じ感覚です。
北国で初冠雪の便りがある頃、最南端では未だ半袖Tシャツが売れ筋商品だったりします。


つまり、全国統一して同じ日に新聞折込しても効果はなく、地域に根差したタイミングと状況を見計らって差し込む事が何より重要だと言えます。今朝は冷え込むな、と思ったら丁度温かいコタツの特集広告が入っていたら、誰もが目を通すでしょう。

新聞折込は生きた広告として知られます。
永遠に消費者の手元に残るので内容間違いやミスプリントは論外ですが、手に取った瞬間の周囲の状況や環境を消費者が肌で感じる事の出来る情緒ある媒体です。


この事を意識して制作するのとしないのでは、結果にも大きく差が出ます。
例年通りではなく、今年の状況に合わせた新聞折込が投入出来る人は一人前のプロです。

試行錯誤を重ねながら、貴方なりのカレンダーを作ってはいかがでしょう。

大阪新聞折込情報の差に驚きました。