新聞折込チラシの曜日別特徴

広告媒体にはいろんな種類があります。

テレビやラジオに加え、今ではインターネットが費用対効果の高いものとして注目されています。


その中で新聞折込チラシは息の長い広告媒体として生き残っており、有効な広告手段として考えられていることがわかります。

毎日何らかの新聞折込が必ず差し込まれていますが、よく見ると曜日によって特徴があります。

今、評判なのはこちらの産経ニュース関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

月曜日は仕事始めということもありチラシは少なめです。

週末に買い物をしたりレジャーにお金を使ったりすることが多いので、改めて何かを買おうとする意識にはなりづらいからです。

逆に月曜日にあえてチラシを入れて広告を目立たせる方法もあります。

火曜日はスーパーなどで特売をおこなっていることが多く、主婦向けにその関連のチラシが多くなります。


水曜日も火曜と同じくスーパーのチラシが多いですが、ディスカウント店やドラッグストアや衣料品などバラエティーに富んだジャンルのチラシが入ります。木曜日のチラシは少なく週末までの小休止といったところで、週末のイベントや見学会で集客をしたい不動産関連会社の割合が高くなります。

金曜日になるとチラシが一気に増えてきます。

不動産関連に加え自動車販売会社のイベント関係のチラシが多くなりますが、生活必需品関連で早めのチラシを入れてくるところもあります。


土曜日は1番チラシの多い曜日です。



スーパーや家電店のボリュームのあるチラシや飲食店関係のチラシなど、休日の集客をねらってあらゆる業種が見られます。
逆にインパクトの無いチラシだと埋もれてしまうことになります。
日曜日はチラシがほとんど入らず、求人関係が目立ちます。

新聞折込は評判がとっても良くて有名です。

新聞をとっている人の中には新聞はほとんど見ずにチラシを熱心に見ている人もいます。

費用対効果とは別の次元で新聞折込チラシのニーズは今後も続いていくでしょう。