インバウンド観光を伸ばすことが今後の目標

インバウンドやアウトバウンドといった聞き慣れない言葉を聞く機会が増えてきました。

インバウンドとは、外から入ってくるもの、つまり外国からの旅行者のことを指していることが多いです。
また、アウトバウンドはその逆で、日本人の海外旅行のことを指すのが一般的です。日本が高度経済成長をとげ経済力がつき、日本円の価値が上がって円高が進んだ時期には、日本人の海外旅行が一気に広がりました。

他種類に及ぶ産経ニュースの最新情報が揃っています。

アウトバウンドが旅行業の中心だったのです。

しかし、人口が増加せず逆に減少する時代になれば、アウトバウンドの伸び率はいつかピークアウトするのは必然です。

そこで、旅行業界はインバウンドの観光に力を入れるようになってきていました。
また、観光庁の設置等、国もその動きに連動して後押しをしてきましたが、円安の定着とアジア各国の所得水準向上等によって、外国人観光客が増加してきています。

インバウンド観光の人気が上昇しています。

外国人観光客が増えることによって、観光地の経済が活性化しますし、旅行に必要となる輸送機関の収益にもいい影響がでてきます。



人口が減って経済がそのまま縮小してしまっては困りますから、企業などがグローバルに活躍して世界中で利益を上げてお金を持ちかえるか、外国人が日本に旅行をして買い物をしてお金を置いて行ってくれるということが今後の日本が生きていくために必要なことでしょう。

そう考えると、インバウンドの旅行者が増加しているというのは、日本の未来に明るい光を当ててくれるニュースなのかもしれません。