小売業にとっての外国人観光客誘致

2013年に外国人観光客が1000万人を突破し、急速に外国人観光客誘致に取り組む小売店も増加し、今後さらに拡大していくものとされています。

市場拡大を目の当たりにして、対応に焦ったり、広告媒体を物色する企業も増えているのです。

外国人観光客の誘致のことならこちらのサイトをご覧ください。

小売業にとっての外国人観光客誘致とは、外国人観光客を自社の顧客として対応するということになります。


つまり、誘致することは新しい顧客ターゲットを設定するということです。

新しい顧客をターゲットとした場合に、単純にお土産商品をそろえたり、外国人観光客向けの広告を出したり、単発で思いつくままに実施するのではなく、商品と販売、販促の3つの側面から戦略を練り、対応レベルを決めたうえで、それぞれの試作に落としこむことが必要になります。



全てにわたり対応する訪日観光客の専門店を目指すこともできますが、最低限の対応に留めて、日本の顧客と分け隔てなく同様に買い物できる店を目指すこともひとつの選択肢と言えます。

はてなブックマークに関する情報満載です。

専門店の代表と言えば、いわゆる免税店で市中、空港施設内の商業ゾーンも含め、ショッピング消費の高いエリアです。

その一方で、6割を占めるリピーターの人たちはコンビニがとてもお気に入りという人も多く、免税対応のコンビニができたことに加えて、滞在先としてゲストハウスを選択する観光客の食事需要など、日本人と同様の日常ニーズにこたえるものでもあります。

こうした店舗では新たな品揃えというよりも、プライスカードの表記や宅配便のサービス利用方法などの多言語化など表記面の充実をはかることで、サービス利用度の向上につながるのです。